2007年11月29日

林先生のぶらり脇道RSNAの旅

メディカルアイの鳥越です。
RSNA4日目となり、機器展示のメジャーなブースはある程度一通り見てきましたでしょうか? その周辺にあるブースは見学しましたか?
「機器展示の小さなブースはとってもフレンドリーだし、おもしろいものがあるんや」とRSNAベテランの林 信成先生に小さなブースをぐるっとご案内して頂きました。

まず目についたのは、超音波検査台。
手元のリモコンのボタン操作で上下、斜めへ動くのが面白いそうです。
IMG_3892.JPG


続きまして、読影環境を快適にする机です。
机の天板が手動で上下するものは、いくつかありました。

上下運動だけではありません。
ボタン操作で電動で机の天板の角度まで移動できる机までありました。
モニターの上下、前後もできるので、老眼の方にはお勧めです。
前の照明をつけると、後ろの照明が自動で適切な明るさに調整されます。
何もかも自動ですね。あとは仕事するのみでしょうか。

斜め机.JPG
パンフレットと同じポーズを無理矢理とって頂きました。吹き出しを付けるとしたら、「こんなに便利な机、なぜ買わないの?」でしょうか? アメリカっぽさをかもし出しています。

さて、この机が欲しくなった皆さまは、お値段が気になりますね。
なんと、税別1万3千ドル! 日本円にして150万円くらいでしょうか? 高い! 日本よりがっつりと収入を得ていると言われる米国の放射線科医にとっては普通のお値段ですか?


椅子も不思議です。後ろに背骨がついています。
稼働式テーブル1.JPG
使用方法は、この背骨をゆるめて一度自分の背中の型をとり、固定した型で常に座れるようにするそようです。首まで自在に固定できます。
お値段は1,500ドル。日本円で16万円でしょうか。机がとっても高かったので椅子がリーズナブルに感じてしまいます。そういう商売方法かと疑ってしまいます。


続きましてRSNA会場では珍しいネクタイを扱っているコーナです。
一見普通のネクタイです。
ネクタイ売り場.JPG
じっくり見ますと、RSNAらしいマニアックな絵だと分かります。
マニアックネクタイ.JPG
ネクタイを忘れてしまったら、是非このお店でご購入を。


人材派遣その3.JPG
人材派遣のコーナがずらっと並んでいます。
有名病院の名前のついていた人材派遣ブースもあるそうです。

ずっと何だろうと思っていたこの韓国コーナにある、朝青龍の絵があるブースは、中古品販売のブースでした。
人材派遣1.JPG


こちら林先生の一押し足のマッサージ器。足の下の機器と、肩にあてられているのは同製品です。
マッサージ器 購入.JPG
先日、広い会場で足が疲れ、このブースに気休めで寄った林先生。靴のまま足裏を適度な振動でマッサージしてくれるから便利〜程度に思っていたそうです。マッサージ終了して、会場を歩き始めたら、なんと足に羽が生えたように、すご〜く軽くなっていたことを実感。「こりゃ、かわなアカン」と、急いでマッサージブースに戻り、購入したそうです。
足だけではなく、肩にも背中にも、そして椅子の腰部分に置いても利用できる優れものです。お値段は、通常399ドルのところRSNA特別価格で199ドル。さらに税金分を値切って購入した林先生でした。
私も試してみましたが、確かに足がすご〜く軽くなったことを実感しました。
しかし、数キロのマッサージ機を持ち帰る体力が残っておらず、日本のテレビショッピングに登場するころに、購入しようと思いました。


まだブース周りはまだ続きますが、荷物の整理が済んでおらず、本日発の飛行機に乗り遅れそうなので、取り急ぎこれにて失礼いたします。また、この枠でご紹介していきます。

番外編として、ブースで貰えるおもしろグッズをご紹介します。
全体写真は下記の通り。
IMG_0790.JPG
さて、残り1日、この中の製品をいくつ見つけることができるでしょうか?

1つだけ、ご紹介します。
とあるブースではブーメランが頂けます。
ブーメラン.JPG
上手な飛ばし方を教わる林先生です。
飛ばし方を教授.JPG
飛ばし方のテクニックは分かりましたが、結局何のブースかは分かりませんでした(林先生は知っていると思いますが)。

ちょっとした息抜きにいつもと違うブースを訪問すると、思いもよらない何かが見つかるかもしれません。
posted by radfan_editors at 19:50| 編集委員レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

煎本先生の「Case of the dayを楽しもう!」コーナ

メディカルアイの鳥越です。
煎本先生の企画ご提案で“Case of the dayを楽しもう!”コーナーを作ってみました。

Lakeside learning Centerを歩いていたら、たまたま煎本先生と出会ってしまった奥田逸子先生(虎の門病院)達にご協力頂きました。奥田先生は、RadFan2007年5月号のマンモグラフィリーディングクラブ参加体験レポートにご執筆して頂いております。RSNA後半おつかれのところ、ご協力頂きまして有難うございました。

さっそくCase of the dayに参加しましょう。

診断クイズがRSNA期間中にカテゴリー別に毎日十数題出題され、それに解答していきます。
カテゴリーは、以下の14に分けられます。
Breast、Cardiac、Chest、Emergency Radiology、Gastrointestinal、Genitouriary、Musculoskeletal、Neuroradiology、Nuclear Medicine、Obstrial、Pediatrics、Physics、Ultrasound、Vascular/Interventional。


Lakeside learning Center入って右奥のモニターに問題が表示されます。じっくり考えましょう。
1問題の場所.JPG
2問題を考える図その2.JPG


会場に設置されているモニターから、またはWebに繋がるご自分のPCからも解答可能です。
3問題解答の場所.JPG

会場にあるモニターからログインしています。
4ログイン画面.JPG

“Case of the day”のページには左上から入ります。
5左上のボタンをっくりっく.JPG

じっくり考えます。href="https://radfan.up.seesaa.net/image/6BFBFB7F5A4CBCCE4C2EAA4F2B2F2A4AF.JPG" target="_blank">6真剣に問題を解く.JPG

画面の下に解答を入力。
7選んで答えを入力.JPG

答えを入力後、確認画面も出ます。
8答えが出ます.JPG

翌日,正解が発表され、成績優秀の方は名前が公表されます。
9結果を見る.JPG
成績優秀の先生方、それぞれご自分のお名前を指して記念撮影です。
10ありました1.JPG

さらに、インフォメーションセンターで申請するとWinnerのリボンを頂けます。
11インフォメーションセンター.JPG
色とりどりのWinnerリボンをネームにどんどんつなげていきましょう。最終日にはいくつリボンを付けることができるでしょうか?
12リボンをもらうその2写真撮影.JPG
0リボンをいただく図.JPG

また、解答はDaily BulletinというRSNA会期中は毎日発刊されている新聞にも掲載されます。
13新聞.JPG

追伸
突然の依頼であるにも関わらず快くご協力頂きました、奥田先生たちに感謝です。先生のポスターの前での記念撮影で締めくくらせて頂きます。
16記念撮影その1.JPG

posted by radfan_editors at 18:11| 編集委員レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

林です、シカゴに到着しました

林です。23日朝8時前に、無事シカゴに到着しました。到着前に機長からのアナウンスで「気温は氷点下6度」と知らされ、ちょっとビビったのですが、素晴らしい快晴に恵まれたためでしょうか、そこまで寒い感じはしません。シカゴ川では観光船が走っているのが見えました。街は感謝祭翌日の金曜日(Black Fridayというらしい)にあたり、クリスマスのショッピング客でかなり賑わっています。米国の景気減速を受けて、多くの店が早割りセールを行って集客に努めているとのことです。

マーシャルフィールズ百貨店の前では、「WANTED(お尋ね者);殺人罪」の文字の下にブッシュ大統領はじめホワイトハウスの4人の顔写真をプリントしたTシャツを15ドルで売っている人たちがいました。ショッピングバッグは10ドルでした。かなり購買欲をそそられたのですが、ちょっと怪しげな人たちだったので思いとどまりました。

なお日曜日のImage Interpretation Sessionは、日本でもインターネットのストリーム配信で観ることができます。ただし、事前登録が必要です。
http://www.welcome2theshow.com/rsna2007/register.asp
一昨年は、混みすぎたためか私のホテルでは繋がりませんでしたが、昨年は許容範囲で視聴できました。興味のある方は是非ご覧ください。IMG_1158_edited.JPG
posted by radfan_editors at 13:43| 編集委員レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。